ヘアケアの手順:トリートメント

ヘアケアの手順:トリートメント

ヘアケアといえばトリートメントを思い浮かべる人が多いですね。
それは間違いではなく、勿論シャンプーやドライヤーも大事なヘアケアですが、
トリートメントが最も重要な部分といえるでしょうね。

 

 

 

これの役割は、髪のダメージを補修したり、更にツヤやハリを与えることです。
カラーリングの退色を防ぐ役割も担っています。
しかし、使い方を誤ると何の効果も得られないという結果になるかもしれません。

 

 

 

まず、多くの人が間違えていることがあるのですが、
たくさんつければより効果があるというわけではありません。
あまり少量でもいけませんが、きちんと髪全体に行き渡れば十分です。
大事なのはつけたあとのことです。

 

 

 

ざっとつけてざっと流してしまっては、大事な成分が全く髪に浸透できません。
きちんと髪に浸透するように、指でしっかり揉みこんでいきます。
この一手間があるのとないのとでは指どおりがまるで違ってきますよ。

 

 

 

そして、二分ぐらい放置してからしっかりと洗い流します。
これもよく誤解している人が多いのですが、しっかり流さない方がいいと思っていませんか?
指で揉みこんで成分が浸透していますから、しっかり流して大丈夫です。
そして、ドライヤーの前にアウトバストリートメントをつけます。

 

 

 

絶対頭皮につけないように毛先から耳下くらいまでつけてください。
これをつけることによって、ドライヤーの熱から髪を守ることができるのです。
これからは正しいヘアケアを身につけて、美しい髪を手に入れましょう。