ヘアコンディショナーとは

ヘアコンディショナーとは

ヘアコンディショナー、ヘアリンス、ヘアトリートメント、それぞれ呼び方は違いますが、使い方もそれぞれ異なります。

 

ヘアコンディショナーとヘアリンスはシャンプー後に行うのですが、ヘアトリートメントは、最後の仕上げとして髪を保護するために使います。

 

 

 

もう少し詳しく説明すると、リンスは静電気防止や髪の表面を保護します。コンディショナーは髪のコンデションを整えます。

 

リンスより内部に浸透する効果があり、髪がまとまりやすくなります。また、パサパサやゴワツキなどの髪の症状別に成分を配合したヘアコンディショナーも発売されています。

 

トリートメントは、コンディショナーで対応できないようなダメージを受けた髪に効果的な成分を配合しています。髪の奥深くまで浸透させて髪本来の美しさを蘇らせることができます。

 

 

 

ヘアコンディショナーは、リンスの簡易的な保護、トリートメントの完全な保護の中間を取った手軽で効果的な存在です。

 

ヘアコンディショナーは、基本的に痛みの少ない髪に対して使用する事が多く、髪の傷みが多い場合に、ヘアトリートメントを使います。

 

リンスでは少し物足りない。トリートメントまでは必要ない場合にヘアコンディショナーは重宝しますし、普段使いでも十分な効果を発揮します。

 

 

 

ヘアコンディショナーの基本的な役割は、髪の中の状態を改善したり、髪の表面を美しく保つ。

 

という事以外にも実は、シャンプーの影響でアルカリ性になった状態を弱酸性に戻す大切な役割もあるんですよ。

 

このように、ヘアコンディショナーは、髪の状態を改善したりする大切な役割を持っている事が分かりますね。