髪を毎日洗うべきか

髪を毎日洗うべきか

「美しい髪のために」「頭皮環境を整える」とのうたい文句で、各種のヘアシャンプーがテレビCMに登場します。洗えば洗うほど髪や頭皮はきれいになったうえに美しい髪を手に入れることができそうですが、わが国のようにシャンプーで毎日洗髪する国民は、世界的にはめずらしいようです。

 

洗髪は「髪に付着したホコリや臭いを洗い流す」「毛根から出た皮脂を洗い落とす」ことを目的に使用するのですから、毎日行えばその効果を得ることができます。しかし問題は、シャンプーを毎回使用することにあるのです。シャンプーには界面活性剤を中心にさまざまな化学薬品が含まれていて髪の汚れも毛根から出た皮脂も洗い落とし、一般にサラサラヘアと言われる髪にしてくれます。

 

これは、洗髪後にリンスをしないで乾かすと髪がパサパサになることで分かるように、シャンプーで髪の表面のキューティクルを少しずつ溶かしているのです。たしかに汚れも皮脂も落としてはいますが、洗えば洗うほど髪のキューティクルも落としてしまいます。皮脂には大切な役割があり、髪の毛の天然コーティング剤として撥水効果を発揮しますし黒髪のツヤとなっているものですから、それを洗い落とすことで髪を傷めていることになるのです。

 

普通の生活をしているのであれば、2〜3日間洗髪をしなくても付着物や皮脂の臭いが気になるような状況になることはありません。多湿な夏場や臭いの付着しやすい場所で働いているなどで毎日洗髪したい方には、シャンプーを使用しないで温水シャワーでの洗い落しをおすすめします。髪に付着したホコリや臭い、皮脂も温水シャワーが十分に取り除いてくれます。