美髪の前に知っておきたい、髪の基礎知識:髪の毛の構造編

美髪の前に知っておきたい、髪の基礎知識:髪の毛の構造編

 細くて、傍目にはただの線状のものでしかない髪の毛。けれどその中にも、構造はあるのです。適切なケアのためには、その内側についても知っておきたいところ。

 

東京で着物レンタル&ヘアメイクをお探しの方へ

 

 髪の毛は、3つの部分に分けることができます。まず、芯となっている部分。これはらせん状をしています。それを包み込むようにして養分があり、さらにその外側を、キューティクルが覆っています。

 

 

 

 一般にくせ毛や天然パーマと呼ばれるものは、芯の部分の形質が表面に反映されている状態であると言えます。その一方でストレートヘアの人がいるのは、外側にあるキューティクルが芯を押さえつけているから。らせん状の芯が引っ張られることによって、真っ直ぐな状態に近づけられているのです。

 

 

 

 「若いころはストレートだったのに、段々うねるようになってきた」という声をよく耳にしますが、これもらせん状の芯のためです。元々はストレートヘアであっても、外側のキューティクルがはがれてくると、芯の形が表にあらわれるようになるのです。試しに、爪を立てた指で毛を引っ張ってみてください。バネのようになって渦を巻く様子が見られるはずです。

 

 

 

 このように構造を知っていると、内部の状態を具体的にイメージしやすくなります。それによって、現状を解決するための手段を間違えにくくなるとも言えるでしょう。うねってしまうなら表面を何とかしなければ、というように。構造を理解して、より効果的なケアを選べる美髪マスターになりましょう。